骨董品買取の際のポイント

骨董品を買取に出してみようと思っています

骨董品の買取ノウハウ

評価方法について

いろいろな骨董品

骨董品買取の評価方法は、その骨董品の保存状況や製造メーカーなどのさまざまな要因が大きく関わってきます。

しかし、骨董品買取の評価方法で、もっとも大きく鑑定を左右するのは、その骨董品が贋作や偽物かどうかといえます。

贋作や偽物は、骨董品のの中でも非常に多く存在し、掛け軸や陶器、絵画などはとても精巧に作られています。
特に陶器類に贋作が多いといわれており、似たようなデザインであれば一見分かりづらいといえます。

陶器の評価方法として、完全に水平となっていたり整いすぎている機械製造風のものは贋作の可能性が高いといえます。

逆に精巧に作られているのが本物であれば歪みがポイントとなります。また、テカリなどの光沢感があるものも贋作が疑われます。

骨董品と呼ばれる年数の長いものが光沢感があったり、均一な光沢感もおかしいといえます。
綺麗すぎるものは、素人目に見ても贋作だと分かるかもしれません。このように陶器だけではなく
絵画や掛け軸などの骨董品にもそれぞれの評価方法がありますが、本物をしっかりと勉強していくことによって
目を養っていくことが必要だといえます。